河野 唯

記事一覧(2)

これからの私

twitterでのお知らせを見てくださった方もいると思いますが、私のホームであるサンストで出会った3人と"明くる夜の羊"というバンドを始めることになりました。それにあたって、今後弾き語りの活動をどうするのか、今回は書かせてください!まず、弾き語り活動はやめません。やめるつもりもありません!明くる夜の羊では、"明くる夜の羊"のボーカルとして。弾き語りでは、"河野唯"として。続けていきます。ですが、今までのような頻度で弾き語りライブスケジュールを組むことも難しく、必然的に本数は少なくなっていきます。バンドを組むにあたって、何人かの人に、バンドと弾き語りどちらに重きを置くの?といった質問を受けることもありましたが、こっち!という明確なものはなくて、今はただ、ずっと続けてきた大好きな弾き語り活動、これからが楽しみで仕方ないバンド活動、どちらも同じくらい愛していきたいという思いでいます。ライブの本数にこそ差は出てくることもあると思いますが、そこはあまり関係ないと思っていて少ない分、想いが募ることが増えたり、できることが増えたり。多い分、届けられる機会が増えたり、触れ合うことが増えたり。それだけだと思います。想いは変わりません!ここまでは私の中の話で、私の音楽を見てくれる方皆さんが、そうはいかないという事実もあると思います。そこの隙間は、届けていく私自身が、もっと色んなことに想いを馳せてこれからも私の音楽を好きでいてもらえるように。これからの私の音楽を好きになってもらえるように。楽しいこと、たくさんできればいいなと思っています。すっごく抽象的だけど笑勝手ながら、楽しみにしてくれたら、嬉しいなあと思います。長くなってしまいましたが、今の音楽に対する私の想いは、綴った通りです。これからも歌い続けていきます。ずっと。気ままな私ですが、これからも見守り続けていてくださると嬉しいです!そしてこれから、もっともっと色んな人が河野唯 と 明くる夜の羊 の音楽に、出会えてもらえたらいいなあと思います。

現状について。

河野唯です。2度重なったライブキャンセルのお知らせのことについて、少し書きます。6/6 Sound Stream sakura6/9 代官山NOMAD以上2つのライブを、今回キャンセルさせていただきました。まずは、関係者の方やライブハウスの方、楽しみにしてくださっていたお客様には本当にご心配、ご迷惑をおかけしました。本当にすみません。そしてありがとうございます。キャンセルの理由について、色んな方に心配させちゃうだろうからと、最初は伏せようと思っていましたが、そちらの方がかえって心配させてしまうと思い、今回は文章にしようと思いました。6/6に、父が救急車で、病院に運ばれました。大学のあと、急いで病院に向かい、治療する父を病室の前で約6時間待っていました。事細かには書きませんが(病名など)父は無事です。命に別状はありませんでした。本当に良かったです。とにかく。今は少しの間入院し、安静にしています。新しく届いた香水の匂いが嗅ぎたいから、次のお見舞いの時に持ってきてというくらい、元気になりました。ひとまず父の身体が無事で安心してますが、こういったことは初めてで、やらなければいけないこと、調べなければいけないこと、たくさんあります。そのため、まだ今はたくさんの人に心配かけたりご迷惑おかけしたりしてしまうと思いますが、こういう事情がある、ということを把握だけでもしておいていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。連絡があった時、心のどこかでは、なんてことないだろう!すぐにまた帰ってくる。大丈夫。と思っていました。その反面、病院に向かう道中や病室の前で待つ時間、涙が止まりませんでした。こんな時に自分のことを考えるのもおかしいですが、自分ではちゃんとやってると思ってるようで、実は何にもできてないんだなと思いました。"後悔しても遅い"という言葉、本当に痛感しました。無事だったから言える言葉だけど、側にいられるときに、ちゃんと側にいたいです。後悔しないように、というよりかはそれが本当は当たり前のことだから。それでいて難しいけど。大切な人には、もっと寄り添っていようと思いました。自分の気持ちも入れつつ綴ったので少し長くなってしまいましたが、そろそろ終わります。少し落ち着いてきたので、今後決まっているライブはしっかりと、歌っていきます。よかったら、聴きにきてください。ここまで読んでいただきありがとうございました。今後とも河野唯を、よろしくお願いいたします。